鳥取東照宮の鳥居

人間は、地球の平面上に生きて、暮らしています。そのせいか、ぼく自身、風景を「広がり」として捉えるクセがありました。

高い空の太陽や、雲、月、そして星空。ずっと続く道のように奥行きがある風景。美しい人の立ち姿。ビルのある風景など、写真を縦長にして見ると、ハッとすることがありました。

それに、ふだんスマホやタブレットなど、縦長の画面を見ることが多くなりました。

世の中にもっとタテに長く作られた写真があってもいいんじゃないかと思いました。

ここで使われている写真は、リンク先や注釈が書かれていないものは、ぼくが撮った写真です。

どこかで使う時は、右クリックしてダウンロードして自由にお使いください。

virtual and vertical?

ドメインを取得する際は、うっかりスペルを間違えないように気をつけたつもりでした。最初のうちは、vertical(バーチカル)で検索していたはずです。それが、間違いに気がついたのは、支払い完了、登録完了のメールをいただいた後でした。どこかでvirtual(バーチャル)な意味を持たせるようにと不思議な力が働いたのだと思います。

間違いは間違いとして、この名前を受け入れることにしました。これは、これで意味があるはずです。